失敗しない開業7つのポイント<サロンデザイン>

サロンデザイン(内装 美容器具)

内装

消費者が喜び、スタッフが働き易いデザイン、レイアウトが重要。
コンセプトに応じ限られたスペースで効率よく作業椅子を配置。

美容器具

昨今の美容室はカラー、パーマなどの洗う作業が増加している為、
売上目安はシャンプー1台に対しMAX売上150万前後と言われています。

シャンプー椅子の座席    注)椅子の感覚が標準的で物件の形に応じ変動
シャンプー2台・・・・・16坪以下
シャンプー3台・・・・・16坪以上
シャンプー4台・・・・・25坪以上
シャンプー5台・・・・・30坪以上

シャンプー1台に対し セット面2.5台前後

繁盛店で見られるサロンデザイン

『外から中の様子がわかる』
『明るい雰囲気』
『作業とコミュニケーションの空間分離』
『広い客待ち』
消費者は活気ある店作りを心掛けているサロンに入店する。





●参考リンク
東京の内装デザイン事例
埼玉の内装デザイン事例
神奈川の内装デザイン事例
千葉の内装デザイン事例